施術・機材から探す

ロングパルスYAGレーザーとは

難しかった肝斑に効く
低出力レーザーで肌ダメージを軽減

ロングパルスレーザーとは、長い波長(ロングパルス)のレーザーを照射することで、肌の奥深くの真皮層に働きかけてメラニン色素を破壊し、しみの改善を図る美容機器です。近年、美容医療の世界で普及し、導入する医療機関が増えています。当院では「スペクトラ」という機種を使用しています。

対応する症状

しみ
肝斑
にきび
赤ら顔

ロングパルスレーザーの特徴

  • 加齢・紫外線によるしみ、にきびや赤ら顔にも有効

    ロングパルスレーザーの最大の特徴は、しみの一種である肝斑(かんぱん)の治療に大きな効果を発揮することです。肝斑はしみの中でも治療するのが難しいとされてきました。ロングパルスレーザー自体は以前から使われていた機器なのですが、近年になって肝斑治療への有用性が確認され、改善例が劇的に増えたのです。加齢に伴うしみや紫外線によるしみ、にきびや赤ら顔にも有効です。

    肝斑とは

    肝斑は30~40代の女性に多く見られる薄茶色のしみで、頬や額、鼻の下などに左右対称に現れます。ホルモンバランスの乱れや、メイク、洗顔などの刺激により肌が炎症を起こすことが原因だと言われています。

merit
  • 施術時の痛みがほとんどない
  • 肌にやさしい治療
  • 肌のハリをすぐに実感できる
  • 産毛が除毛できる副効用がある
demerit
  • 1回では持続性を感じにくい
  • 複数回でより効果を実感する
  • ショット数と料金の確認が必要
  • 単価の安い治療でない割に回数が必要

効果を発揮するメカニズム

刺激を最小限に、
メラニン色素に直接働きかける

従来のレーザー機器では出力が高いため、肝斑の原因である炎症を悪化させてしまうことがありました。しかし、ロングパルスレーザーの出力は低く均一であるため、刺激を最小限にして真皮のメラニン色素に働きかけることができます。このような治療法をレーザートーニングと言います。

肌の奥底まで届くレーザー
メラニン色素を除去

メラニンへの吸収度がとても高いレーザーは表皮のメラニンに吸収され安く、そこで熱が発生し表皮のダメージが大きくなってしまいます。一方、ロングパルスYAGレーザーはメラニンへの吸収度が低いため、表皮のダメージは出にくく、高エネルギーでの照射が可能です。高エネルギーの照射で皮膚深層に十分な熱を加える事が出来るため、肝斑などに高い効果を発揮します。

ぜひ一度銀座S美容・形成外科クリニックでその効果をお試しください。

診療に関するお問い合わせやカウンセリングの予約はお気軽に お問い合わせの際はホームページを見たとお伝え頂くとスムーズなご案内が可能です 診療に関するお問い合わせやカウンセリングの予約はお気軽に お問い合わせの際はホームページを見たとお伝え頂くとスムーズなご案内が可能です
  • content_bottom02.png
  • メールでのお問い合わせ
  • content_bottom02_sp.png
  • メールでのお問い合わせ
staff staff blog